Sustainable development goals

書籍

<?php the_title(); ?>

新国富指標による非財務価値の評価

ESG経営の実践

1,980

購入はこちら(amazon)

★E(環境)・S(社会)・G(企業統治)を重視した経営の実践を目指す方に最適の1冊
★自然や健康・教育など、「見えない価値」を数値化する期待の評価法「新国富指標」を解説
 
はじめに
1.ビジネスからみるSDGsへの視点
2.公民双方で進める地方創生とSDGs
3.サステナブル投資の潮流と新たな評価軸・新国富指標
4.SDGsネイティブ世代が市場の主流に
 
第1章 サステナブル投資の基礎知識
1.SDGs経営・ESG経営の普及
2.SDGs・ESGへの取り組みを促すサステナブル投資
3.サステナブル投資の定義とSRI・CSRとの関係
4.国内外のサステナブル投資の現状
5.脱炭素を促進するグリーンボンド
6.グリーンボンドが加速させるサステナブル投資
 
第2章 ESGスコアと新国富指標
1.ESGスコアから見る日本企業の取り組み
2.さまざまな指標と包括的評価の課題
3.新国富指標とは何か
 
第3章 ESGと企業価値
1.意思決定層の多様性と企業業績
2.シーズとニーズをつなぐUXの視点
3.従業員のストレスに見る人的資本の損失
4.生物多様性の保全とグリーンインフラ
5.社会課題を解決するための投資
コラム:本章の事例を通して
 
第4章 新国富指標を活用した企業と自治体の協働事例
1.新国富の考えに基づく地域活性化の取り組み
2.新国富指標で評価する企業と自治体の協働
 
付録1 ESGブランドランキング
付録2 ESG・SDGs関連略語一覧
編著者紹介・執筆者一覧
 
******
 
著者
 
馬奈木 俊介(まなぎ・しゅんすけ)
九州大学大学院工学研究院 教授/九州大学都市研究センター長・主幹教授、総長補佐
 
1999年 九州大学大学院工学研究科修士卒、米国ロードアイランド大学大学院博士卒。東北大学准教授等を経て2015年より現職。国連 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)代表執筆者、国連 生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)総括代表執筆者、経済産業研究所ファカルティフェロー、クィーンズランド工科大学客員教授等を歴任。独ベルリンで開催された環境会合で「富の計測プロジェクト」を代表し『国連・新国富報告書 2018』を発表。近著に『新国富論─新たな経済指標で地方創生』(岩波ブックレット)、『豊かさの価値評価』(中央経済社)、『AIは社会を豊かにするのか』(ミネルヴァ書房)。