Sustainable development goals

ニュース・コラム

「太陽光に近いLED照明」の採用すすむ 南都銀行、米国製品を積極導入へ

記事提供:環境ビジネス

南都銀行(奈良県奈良市)は10月31日、持続可能な開発目標(SDGs)の「健康」・「エネルギー」の課題解決につなげるため、米国SORAA社(カリフォルニア)の「太陽光LED(紫色発光ダイオード)照明」を積極的に導入すると発表した。また、その第1弾として同行応接室にこのLED照明を導入した。今後照明の更新時に順次置き換えていく。

このLED照明は、ノーベル賞受賞者の中村 修二氏(カリフォルニア大学)が発明・開発した、実用レベルの青色発光ダイオードを進化させた光源「太陽光LED(紫色発光ダイオード)」を使用した照明で、太陽光に近い本来の色彩を再現することができる。

加えて、同社の太陽光LEDは目の疲れや睡眠への影響が懸念される「ブルーライト」を多く放出する従来のLEDと比べ、「ブルーライト」が少なく、目に優しく睡眠障害への影響が少ない「目に優しい」ことも特長だ。

この記事は、公開期限:2019年04月21日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:をご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事