Sustainable development goals

ニュース・コラム

事例紹介・グッドプラクティス(海外編:その1)

記事提供:環境ビジネス

前回、政府のジャパンSDGsアワードから、国内でのSDGs主流化の動きを見てきました。一方で、世界の動きはよりスピーディーといえるでしょう。今回から2回にわたり、こうした世界企業の事例をご紹介したいと思います。

「エリクソン・ショック」 2016年にわずか半年でSDGs取り込む

世界を見ると、さまざまな先駆的事例がある。

まず、2015年のSDGs策定後直ちに対応した一例をご紹介したい。SDGsについて早々に担当の役員を張り付けた、エリクソン(スウェーデンの通信機器メーカー)である。

その持続可能性レポート「Ericsson Sustainability and Corporate Responsibility Report2015」は、筆者にとって衝撃的だった。同レポートではSDGsの各目標の責任者を「アンバサダー」として決めた内容が盛り込まれている(同レポート5ページ目)。なんと発行は16年3月である。SDGsが15年9月に採択されて、わずか半年後に責任者も決めている。1、2周先を行っているといってよい。世界企業の、SDGsのような国際的指針への対応はいかにも速い。

これを個人的には「エリクソン・ショック」と呼んでいる。

世界の先進企業は何をしている?

世界でのベストプラクティスは数が多いので、イメージを持つために次の資料のうち01を軸に02、03を加味して、5つのPと17目標でリスト化した(01で取り上げられた事例以外は別途引用元を記載)。

  1. 世界的コンサルティングファームPwC による『Navigating the SDGs:SDGsビジネスガイド 国連のグローバル目標に関与するためには』(日本語版はPwCあらた有限責任監査法人サステナビリティサービス発行)
  2. SDG Industry Matrix』国連グローバル・コンパクト(日本語版はグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン/KPMGあずさサステナビリティ株式会社)
  3. The Fortune Change the World 2016 list

世界の特色ある事例

Pepple

People

Prosperity

Prosperity

Planet

Planet

Peace

Peace

Partnership

Partnership

連載

  1. SDGsをどう理解するか 第1回(CSR・CSVとの整理)
  2. SDGsをどう理解するか第2回(ESG投資との整理)
  3. SDGsをどう理解するか 第3回(SDGsの概要と特色)
  4. SDGsをどう理解するか 第4回(パリ協定・脱炭素との整理)
  5. ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第1回(取引先/サプライチェーン)
  6. ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第2回(投資家/金融機関)
  7. ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第3回(社内/インナー)
  8. ステークホルダーへSDGsをどう伝えるか 第4回 (採用)
  9. 事例紹介・グッドプラクティス(国内編)
  10. 事例紹介・グッドプラクティス(海外編:その1)
笹谷 秀光(ささや・ひでみつ)

笹谷 秀光(ささや・ひでみつ)

社会情報大学院大学客員教授
株式会社伊藤園 元取締役

東京大学法学部卒、1977年農林省入省。2005年環境省大臣官房審議官、2006年農林水産省大臣官房審議官、2007年関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、取締役、常務執行役員CSR推進部長等を経て2019年4月末退職。2019年4月より社会情報大学院大学客員教授。 主な著書に、『CSR新時代の競争戦略 ― ISO26000活用術 ― 』(日本評論社、2013年)、『協創力が稼ぐ時代』(ウィズワークス社、2015年)『経営に生かすSDGs講座─持続可能な経営のために─』(環境新聞ブックレットシリーズ14)新書(環境新聞社・2018年)、共著『SDGsの基礎』(事業構想大学院大学出版部、2018年)など。

現在、日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、サステナビリティ日本フォーラム理事、学校法人千葉学園評議員、宮崎県小林市「こばやしPR大使」、文部科学省青少年の体験活動推進企業表彰審査委員(平成26年度より)を兼任。通訳案内士資格保有(仏語・英語)。

関連記事