Sustainable development goals

ニュース・コラム

SDGs未来都市の取り組みに迫る 岡山県真庭市、独自の発展モデルとは?

記事提供:環境ビジネス

真庭市役所 総合政策部 総合政策課
上級主事 難波 吉伸氏(左)主任 富永 翼氏(右)

早くからバイオマスの活用に取り組み、『バイオマスタウン』として名の知られる岡山県真庭市。同市は、2019年6月、 環境省の推進する『地域循環共生圏づくりプラットフォーム事業』に選定された。SDGs未来都市にも選定されている同市が目指す、日本の中山間地域の永続的な発展モデル『真庭ライフスタイル』とは…。

この記事は、公開期限:2020年09月06日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/column/023518.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事