Sustainable development goals

ニュース・コラム

地方銀行でも「ESG/SDGs貢献企業」に優遇利子の融資・私募債

記事提供:環境ビジネス

東邦銀行(福島県福島市)は7月24日、地域の課題を解決し、持続可能な地域社会の形成のため「ESG/SDGs貢献型融資」と「銀行保証付私募債『ESG/SDGs応援型私募債』」を創設、同日より取扱いを開始したと発表した。

これらはSDGs(持続可能な開発目標)の達成に取り組んでいる法人の顧客等を、金融面からサポートするための商品だ。対象は、次の項目いずれかに該当する事業所(私募債は法人顧客が対象)。

  1. 「ESG」の取り組みについて、具体的な数値目標や施策を宣言している、または今後宣言しようとしている事業所
  2. 「SDGs」の17目標に対して、1項目以上の具体的な施策目標を決定している事業所

なお、ESGの具体的な施策例としては、「女性管理職割合3割、環境負荷軽減の取り組み」などを挙げている。融資金用途はいずれも事業に必要な運転資金、設備資金。両商品の概要は、次の通り。

ESG/SDGs貢献型融資

融資金額は3億円以内。融資期間は最長20年以内。利率は同行所定の連動金利。通常金利より最大0.2%引き下げる。返済方法は元金均等返済。

銀行保証付私募債「ESG/SDGs応援型私募債」

融資金額は5000万円以上10億円以内。融資期間は、満期一括型は2〜7年、定時償還型は5年。利率は、同行所定の固定金利。通常より最大0.1%引き下げる。返済方法は満期一括償還または定時償還。

同行は、従来のCSRへの取り組みに加え、地域の課題を解決し、持続可能な地域社会の形成のために、ESGへの取り組みを強化していた。また今後も、地域の発展と成長につながるサービスの提供に努め、持続可能な地域社会の形成のために貢献する。

関連記事