Sustainable development goals

ニュース・コラム

帝人、社内の「炭素価格」を6000円/tに設定 設備投資の判断基準に

記事提供:環境ビジネス

画像はイメージです

帝人(大阪市北区)は1月14日、帝人グループの設備投資を対象として、インターナルカーボンプライシング(ICP)制度を導入した。今後、CO2の排出増減を伴う設備投資計画については、設定した社内炭素価格「50ユーロ/t−CO2(6,000 円) 」を適用し、仮想的な費用に換算して、投資の判断基準のひとつとして運用していく。

この記事は、公開期限:2021年03月11日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/news/027100.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事