Sustainable development goals

ニュース・コラム

「1000年に一度以下」の異常高温、「15年に一度以下」まで増加 国環研

記事提供:環境ビジネス

国立環境研究所地球環境研究センター(茨城県つくば市)は1月14日、観測データと最新の気候モデル実験出力を活用して2020年8月に生じた日本南方沖の観測史上最高海面水温の発生要因を分析した結果を公表した。過去の人間活動に伴う温室効果ガスの増加などにより、異常高温の発生頻度が1000年に一度以下から約15年に一度まですでに増加していることが明らかになったとしている。

この記事は、公開期限:2021年03月25日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/news/027131.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事