Sustainable development goals

ニュース・コラム

製造業で木質バイオマスの熱利用、CO2を年間8000t削減した事例

記事提供:環境ビジネス

前回は、事業者からのSDGsのアプローチとして、小規模な木質バイオマス熱電併給の取り組み事例をご紹介いたしましたが、今回は製造業における木質バイオマス熱利用の取り組み事例をご紹介させていただきたいと思います。

この記事は、公開期限:2019年05月23日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/column/021699.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

日本木質バイオマスエネルギー協会

日本木質バイオマスエネルギー協会

2012年、前身の木質バイオマスエネルギー利用推進協議会が、2015年 に一般社団法人(ウェブサイト)に。酒井秀夫(東京大学名誉教授)を 会長とし、林業、林産業の健全な発展に資する、バランスのとれた木質 「バイオマスエネルギーの原料調達及び利用を総合的、戦略的に推進する ことを目的に、木質バイオマスのエネルギー利用の利用促進に関わる関 係省庁・団体等への提言・提案、技術や課題などの調査、木質イオマ スに関連する情報収集・発信、利用促進のための開催・普及啓発活動等 を行っている。現在、木質バイオマスに関連する法人、個人、自治体な ど約350団体が加入している。2018年5月に書籍『地域ではじめる木質 バイオマス熱利用』発売。

関連記事