Sustainable development goals

ニュース・コラム

ユニ・チャーム、2030年に再エネ100%目指す 中長期ESG目標を発表

記事提供:環境ビジネス

クリックで拡大します
(出所:ユニ・チャーム)

 

ユニ・チャーム(東京都港区)は10月22日、2030年を目標とするユニ・チャームグループ中長期ESG目標を発表した。同年までに、事業活動で使用する電力を100%再生可能電力にすること、鹿児島県志布志市や大崎町と取り組む「使用済み紙おむつ」のリサイクルモデルを拡大し10件以上の設備導入を進めることなどを掲げた。

この記事は、公開期限:2020年12月26日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/news/026383.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事