Sustainable development goals

ニュース・コラム

Jパワー、2030年にCO2排出量40%削減 水素発電への移行を開始

記事提供:環境ビジネス

クリックで拡大します
(出所:Jパワー)

電源開発(J-POWER/東京都中央区)は2月26日、2050年に向けて発電事業のカーボンニュートラル実現に段階的に取り組み、そのマイルストーンとして2030年のCO2排出量40%削減(2017~2019年度3か年平均実績比)を目指すと発表した。

この記事は、公開期限:2021年04月18日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/news/027455.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事