Sustainable development goals

ニュース・コラム

ユーグレナ バイオ燃料ドローンで離島間の物流実証に成功

記事提供:事業構想

ユーグレナとエアロジーラボ(大阪府箕面市、AGL)は、KOBASHI HOLDINGS(岡山市)、リバネス(東京都新宿区)と協力して、AGLのハイブリッドドローン「AeroRange QUAD」にユーグレナが製造したバイオ燃料を使用する物流実証試験を実施し、成功したと2021年3月16日に発表した。実証試験は、沖縄県の竹富島と石垣島間でドローンを使ってクルマエビ1kgを輸送するというもの。

輸送したのは、ユーグレナのグループ企業であるユーグレナ竹富エビ養殖で養殖したクルマエビだ。コロナ危機下でフェリーの減便が相次いだため、竹富島のクルマエビを新鮮なうちに出荷できなくなってしまっていた。今回の試験により、ドローンの活用で、物流網が途絶する非常事態下で迅速な運搬が可能であることを示せた。

「AeroRange QUAD」はエンジン発電機とバッテリーを搭載しており、最大150分間の飛行と、4kgまでの荷物を運送が可能な小型ハイブリッドドローン。燃料となるバイオ燃料は、ユーグレナのバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで製造され(月刊事業構想2021年2月号参照)、AGLに提供されたものだ。

記事の公開期限:2021年05月15日

関連記事