Sustainable development goals

ニュース・コラム

木質バイオマスの利活用を基盤にした先進的なSDGsの取り組み

記事提供:環境ビジネス

皆さん、こんにちは、一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会(略称:JWBA)の秋葉 裕之と申します。今回の連載では、最近注目されている持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)の取り組みを通して、木質バイオマス利活用の重要性についてご紹介します。

我が国におけるSDGsの取り組みおよびSDGs未来都市の選定

SDGsは、2015年9月の国連サミットにて「2030アジェンダ」に採択され、国際社会全体の開発目標として経済・社会・環境をめぐる広範な課題に取り組むことと、2030年を期限とする包括的な目標設定がされました。これをもとに、我が国として「持続可能で強靭、そして誰一人残さない、経済、社会、環境の統合的向上が実現された未来への先駆者を目指す」とするビジョンを掲げ、8つの優先課題と具体的施策が、「SDGs」の実施指針として示されています。木質バイオマス利活用にかわることとしては、『省・再生エネルギーの導入、気候変動対策、循環型社会の構築』と、『生物多様性、持続可能な森林、海洋資源などの保全』などの施策に当てはまります。

この記事は、公開期限:2018年12月29日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/column/021124.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事