Sustainable development goals

ニュース・コラム

持続可能な社会の実現を教育機関で実践する

記事提供:環境ビジネス

2017年11月、千葉商科大学(千葉県市川市)は日本の大学として初となる「自然エネルギー100%大学」を宣言。さらにESG投資も行い、SDGsへの取り組を加速させている。商学・会計学などの『商い』を探求する教育機関が環境・エネルギー領域に積極的に取り組む理由とは。2012年の着任以降、強いリーダーシップでさまざまな施策を進め、2017年3月に学長に就任した原科 幸彦氏にお話いただいた。

この記事は、公開期限:2019年01月06日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/column/021224.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事