Sustainable development goals

ニュース・コラム

八王子市 大腸がん検診SIBの最終報告書を発表

記事提供:事業構想

八王子市は、2020年11月20日、大腸がん健診の受診率向上を目指したソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)導入モデルの結果を発表した。この事業は、2017年度から2019年度まで実施していたもの。最終報告書は、八王子市、ケイスリー(東京都渋谷区)、キャンサースキャン(東京都品川区)の3者でまとめた。

この記事は、公開期限:2021年01月24日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.projectdesign.jp/199902/news/008736.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事