Sustainable development goals

ニュース・コラム

経済成長戦略に不可欠、SDGsは次世代企業のスタンダード

記事提供:環境ビジネス

慶應義塾大学大学院
政策・メディア研究科 教授 博士(政策・メディア)
蟹江 憲史氏

日本のSDGs研究者の第一人者として研究活動を行う慶應義塾大学大学院の蟹江憲史教授。「未来を考えれば、SDGsから外れた経済成長戦略では長持ちしない」と語る。日本政府に政策提言も行ってきた蟹江教授が考える、SDGsの本質と可能性とは...。

「環境の話というと、長く『やらなければならないこと』、CSRなどとして捉えられてきました。しかし、もはや環境をビジネスにしていかなければならない時代、SDGsはそれをうまく盛り込んでくれたと言えます」と話す蟹江憲史教授。

この記事は、公開期限:2018年09月20日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/column/020225.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事