Sustainable development goals

ニュース・コラム

7/6(土)開催・創立70周年記念国際シンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)のための日米若手人材育成交流に向けて」(岡山県)

岡山大学と米ミシガン大学日本研究センターは7月6日(土)、創立70周年記念国際シンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)のための日米若手人材育成交流に向けて」を開催する。

本シンポジウムは、6月中旬に米国務省により、全米から選抜されたトップレベルの学生26名が2カ月岡山に滞在する米国務省CLS(重要言語奨学金)プログラムの開催を受けたもの。

米アメリカン・カウンシルズ理事長のデビッド・パトン氏、米ミシガン大学日本研究センター所長の筒井清輝教授をはじめ、在日米国大使館・領事館、文部科学省、岡山県知事など、各界の来賓やスピーカーが登壇するとともに、全米から選抜された学生らを交えてSDGsのための人材育成について議論が交わされる予定だ。

開催概要と申込先は下記の通り。

開催概要

日時 2019年7月6日(土)13:30~17:10
場所 岡山大学創立五十周年記念館(岡山市北区津島中1-1-1)
言語 日本語・英語(同時通訳あり)
定員 400名(先着順)
参加費用 無料

内容

<基調講演> 講師:米アメリカン・カウンシルズ David Patton 理事長

<基調講演> 講師:米ミシガン大学日本研究センター 筒井清輝 所長
<パネルディスカッション1> 日米交流における人材育成について
ファシリテーター
 副学長(特命(海外戦略担当)) 横井篤文
パネリスト
 学長 槇野博史
 米アメリカン・カウンシルズ 理事長 David Patton氏
 文部科学省文部科学戦略官(国際)、日本ユネスコ国内委員会副事務総長 平下文康氏
 CLSプログラム学生
 岡山大学学生

<パネルディスカッション2> 地域に学ぶ人材育成について

ファシリテーター
 大原美術館理事長 大原あかね氏
パネリスト
 岡山県知事 伊原木隆太氏
 米ミシガン大学日本研究センター 所長 筒井清輝氏
 CLSプログラム学生
 岡山大学学生

申し込み

https://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id2393.html
上記URLよりアクセスできる参加申込書に必要事項を記入のうえ、Email、FAX、または郵送にて申し込み。

【共催】米ミシガン大学日本研究センター
【後援】
 米アメリカン・カウンシルズ
 文部科学省(予定)・岡山県・岡山市
 岡山経済同友会
 G20岡山保健大臣会合支援推進協議会

関連記事