Sustainable development goals

ニュース・コラム

「大阪万博」誘致成功 事業家が知っておきたいビジネスチャンス

記事提供:事業構想

松井一郎 大阪府知事(2017年9月19日撮影)

2025日本万国博覧会が大阪・関西で開催されることが決定した。これは国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の推進と、最新テクノロジーを活用した社会の実現に大きな影響を与えそうだ。

2018年11月23日、ロシア・エカテリンブルクとアゼルバイジャン・バクーとの競争を制し、2025年の国際博覧会(以下、万博)が、大阪・関西で開催されることが決まった。決定した瞬間をテレビで見た方も少なくないだろう。

テーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)」、サブテーマは「多様で心身共に健康な生き方、持続可能な社会・経済システム」。開催期間は、2025年5月3日~11月3日(185日間)だ。超高齢社会を迎える日本は課題先進国であり、医療・ヘルスケア領域が今後の成長産業となる、ということがよく言われるが、この万博が起爆剤となりそうだ。実際、2017年12月号の月刊事業構想の中で、大阪府松井一郎知事は、万博の意義について次のように語っている。

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会後のわが国の成長のインパクトであり、大阪の発展を加速させるための大変重要なプロジェクトになります。大阪には、製薬企業をはじめとするライフサイエンス分野に強い企業や100年以上続く中小の紡績・製造業も数多く点在します。今後は2025年日本万国博覧会を契機に、健康をキーワードとした大阪発信の先端的ものづくりをアピールし、そこでリサーチした結果をもとに、海外市場ニーズに合致した製品づくりを行っていきたいと考えています」

2025日本万国博覧会のイメージ図 出典:経済産業省

経済効果はもちろん
SDGs推進にも貢献

1970年の大阪万博では、77カ国が参加し、入場者は6400万人を超えた。日本としては、2005年に愛知県で開催された「愛・地球博」以来、20年ぶりの誘致となる。

では、2025年の万博はどのような効果が予測されるのか。三井住友アセットマネジメントが2018年12月に発表したレポートによると、約3,000万人の来場、消費支出の経済波及効果は約1.1兆円(建設費や運営費などを合わせた全体では約1.9兆円)が見込まれている。つまり、交通・宿泊・飲食・買い物・サービス等幅広い産業にとってイノベーション創出のチャンスとなっている。

また、大阪万博はサブテーマで”持続可能な社会・経済システム”という文言が入れられているように、2030年をターゲットとしたSDGsを達成するにあたっても重要な位置づけとなる。そもそも、万博は世界各国が集まって未来思考で解決に向けたアイデアを出し合い、新たな技術や商品を生み出す場であり、社会課題を解決する「共創」「オープンイノベーション」を推進する場として相応しいだろう。

事業構想大学院大学としても、2019年1月より、大阪にて自社の中に閉じこもるのではなく、複数の企業が共に知恵を出し合い、SDGs型の新事業を構想する研究会を開催する。2025年の万博も意識しつつ、大阪経済の活性化、SDGsの推進に貢献していきたい。

2025年以降も効果は継続
IRの可能性

大阪万博の会場となる夢洲の跡地は、2015年に策定された「夢洲街づくり構想(案)」に基づき、「国際的観光拠点」「国際エンターテイメント都市」の創出を目指しており、具体的には統合型リゾート(IR)として活用することが念頭に置かれている。この構想について松井知事は、次のように説明している。

「IRは、海に囲まれた広大な土地を最大限に活用した大阪の夢洲に、世界の幅広い層をターゲットとする世界最高水準のエンターテインメント機能を備えたものを計画予定です。同施設は、世界各地の人々と日本の周辺地域をつなぐ役割とともに、イノベーションにつながる最先端技術を広域に波及する絶好の国際スポット。世界に類を見ない新エンターテインメントを体感できる空間や、産業振興・ビジネス創出に寄与する人・モノ・情報・技術の交流拠点、メディカル、スポーツ、フードなどをテーマにしたニューツーリズムの創出へと拍車をかけます」

日本ではIRを3か所に設置する方針であり、大阪でのIR誘致が決定した場合には、万博との大きな相乗効果が期待でき、活用方法が長く見つかっていなかった夢洲が大きな経済効果を生むことになる。その大きさは、2016年の関西経済同友会の試算によると毎年7,000億円超が見込まれている。観光を起点とした経済効果が莫大であるという意味でIRはとても魅力的だ。

しかし、それだけではない。IRにおけるカジノ部分は面積では5%未満であり、その他の部分では収支よりも集客を重視したエンターテインメント空間となるだろう。ここでは、AI、IoT、VR、ARといった最新のテクノロジーが導入される可能性が高い。つまり、仮に大阪にIRが設置された場合、大阪が観光だけでなく、最新テクノロジー実装の中心地となり、イノベーション創出の面でも重要な役割を果たしていく場所になる。

記事の公開期限:2019年11月03日

関連記事