Sustainable development goals

ニュース・コラム

2025大阪「SDGs万博」構想 新しい産業・教育・社会のデザイン

記事提供:事業構想

SDGs(持続可能な開発目標)で実現する未来に向けて、日々理解と関心が高まっている。SDGsと事業経営の関係、新しい教育のあり方を軸に、大きな契機と成り得る2025年の大阪・関西万博を"SDGs万博"と掲げ、具体策と実行に向けた道筋を描く。

ウォーターフロントに位置する人工島・夢洲(ゆめしま)が、大阪・関西万博の会場となる

事業構想大学院大学は、SDGsの研究、書籍出版を行い、企業、大学、自治体の方々とSDGs研究会を進めています。本学の教授であるパナソニックの竹安執行役員と学校法人先端教育機構の東理事長が、研究の未来と大阪・関西万博に向けた提言を語ります。

この記事は、公開期限:2020年04月26日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.projectdesign.jp/201907/idea-design-of-social/006568.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事