Sustainable development goals

ニュース・コラム

産廃業界団体の若手が取り組むSDGs「通常業務から社会貢献へ」

記事提供:環境ビジネス

循環型経済、サーキュラーエコノミーという考え方が注目を集めている。こうした世界的な流れの中、全国産業廃棄物連合会は、2018年4月、全国産業資源循環連合会へと名称を変更した。産業廃棄物の適正処理と資源循環への取り組みを推進し、地球環境保全に力を尽くす同連合会。青年部協議会・会長の沖川 学氏に、その活動内容を聞いた。

この記事は、公開期限:2020年05月30日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/column/024555.php?page=2をご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事