Sustainable development goals

ニュース・コラム

宇宙のSDGs スカパーJSAT、理研ほかスペースデブリ除去技術で連携

記事提供:事業構想

役目を終えた人工衛星は、地球の衛星軌道をめぐる「スペースデブリ」となり、宇宙開発の妨げになる。日本の民間企業初の通信衛星JCSAT-1を1989年に打ち上げ、以降30年以上にわたり衛星通信サービスを提供してきたスカパーJSATは、このスペースデブリを除去する衛星の設計・開発に着手する。持続可能な宇宙環境の維持を目標に、「宇宙のSDGs」達成を目指す。

この記事は、公開期限:2020年11月22日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.projectdesign.jp/202008/topics/008169.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

関連記事