Sustainable development goals

ニュース・コラム

SDGsをどう理解するか第2回(ESG投資との整理)

記事提供:環境ビジネス

伊藤園顧問の笹谷秀光氏による連載コラム「コミュニケーション戦略におけるSDGs」第2回目のコラムです。

前回の第1回の記事は、多くの方にお読み頂き、「SDGsをどのように理解すべきか?」というテーマへの関心の高さが伺えました。その間に、「SDGs万博」と称されている大阪万博の2025年開催が決定するなど、SDGsの認知や関心の拡大に拍車をかける状況もあります。

第2回は、前回のSDGsとCSRに続き、現下ではSDGsがESGの文脈で語られることが多いですが、今回はその関係について解説頂きました。今回からご覧の方は、ぜひ、第1回分と合わせてご覧ください。

1、高まる「持続可能性」への要請

「持続可能性」という概念は、1987年の国連『環境と開発に関する世界委員会(ブルントラント委員会)』が公表した報告書『我ら共有の未来(Our Common Future)』で提起された。同報告書では、「持続可能な開発」を「将来の世代の欲求を満たしつつ,現在の世代の欲求も満足させるような開発」と定義している。
 その後、21世紀に入り経済、環境、社会の「トリプルボトムライン」の重視が定着し、2010年のISO26000による「社会的責任の手引」の発行と、次々に社会・環境の持続可能性への関係者の役割に対する要請が高まってきた。

そして、2015年にこれまでの国際開発目標を統合した「ミレニアム開発目標」であるMDGsの後継としてSDGsが登場した。

ESG時代の到来、非財務情報に関する内外の流れ

この記事は、公開期限:2019年01月03日を過ぎたため、非公開になりました。
記事の全文は、記事提供元のページ:https://www.kankyo-business.jp/column/021507.phpをご確認ください。

※ 記事提供元での閲覧には、会員登録が必要になる場合があります。

連載

  1. SDGsをどう理解するか 第1回(CSR・CSVとの整理)
  2. SDGsをどう理解するか第2回(ESG投資との整理)
笹谷 秀光(ささや・ひでみつ)

笹谷 秀光(ささや・ひでみつ)

株式会社伊藤園
顧問

東京大学法学部卒、1977年農林省入省。2005年環境省大臣官房審議官、2006年農林水産省大臣官房審議官、2007年関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、2010年~2014年取締役。2014~2018年4月常務執行役員CSR推進部長、2018年5月より現職。
主な著書に、「CSR新時代の競争戦略─ISO26000活用術─」(日本評論社、2013年)、「協創力が稼ぐ時代」(ウィズワークス社、2015年)『経営に生かすSDGs講座─持続可能な経営のために─』(環境新聞ブックレットシリーズ14)新書(環境新聞社・2018年)など。
日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、サステナビリティ日本フォーラム理事、通訳案内士資格保有(仏語・英語)学校法人千葉学園評議員、宮崎県小林市「こばやしPR大使」、文部科学省青少年の体験活動推進企業表彰審査委員(平成26年度より)を兼任。

関連記事